有限会社 ひまわりホームヘルプ事業所
代表取締役 佐々木 良子様にインタビュー
―「プライムケア」を選択いただいたきっかけは?―
施設立ち上げを手伝ってくださった方に、事業所の事務運営をどうやって行くか判らいと相談したところ、「実際にグループホームも運営しながら、ソフトも作っている良い会社がありますよ」と、ケアシステムズを紹介してもらいました。それが「プライムケア」を導入するきっかけです。
―「プライムケア」の【よい点】ってどこですか― 
息子が最初は利用していて、今年の7月から娘が使っているのですけど、二人とも対応が大変素早く、こちらの質問に対して答えてくれるといってますよ。
介護ソフトは色々な会社が販売していて、内容は甲乙つけがたいけど、訪問介護の購入時に3社と比較したんですけど、「プライムケア」は他社より値段が安かったこと。
「価格」って私たちにとってとても大事なんで、既に利用している「グループホーム版」でのサポート対応がとても良いということが、訪問介護も決め手になったんです。
やっぱりオープンするときって大変費用が掛かるし、グループホーム立ち上げって殆ど補助金も無いですからね。
―プライムケア又は、プライムワークスに求めるものは?―
介護ソフト自体が私たちにとっては高価なモノだと思うんです、だからもう一寸安ければいいなって、これ事業主として本音ですよ。やっぱりオープンするときって大変費用がかかりますから。
事業者様により安価で提供できるよう、努力いたします。。。
―さいごに、今後の事業展開についてお聞かせください。―
2006年の4月から、高齢者専用住宅のような形でオープンしているんですけど、基本がクリアされていれば、高齢者専用住宅の方が自由な発想で運営出来るので、事業展開としては、高齢者専用住宅をもう少し増やしていきたいなと考えています。
今後も、ソフトをフルに活用させてもらおうかなと思っています。
 
本日は、お忙しい中お時間をいただきありがとうございました。
インタビュー後記 
グループホームという介護保険の中の更に決められた枠の中で運営していくにはこれからも事業所として努力が絶えない事と思います。そう考えれば、ソフトの値段と言うのは計り知れないほど重要なファクターであり、1円でも安く更に事務効率の良い物が望まれるでしょう。
我々プライムワークスの商品はその事をまず念頭に置き、販売を行っております。
 
 
インタビューいただいた事業者様
法人名
有限会社 ひまわりホームヘルプ事業所
事業所・施設名
グループホーム おひさま流山
提供サービス
グループホーム、小規模・多機能サービス(訪問介護)
住所
千葉県流山市流山8-1193-2